ホテル四季の里&いやしの湯 神山温泉

明王寺

 

 
明王寺には、樹齢80年と60年の2本のしだれ桜があり、3月下旬から3月上旬には競うように咲き乱れます。
十メートルもあろうかと思われる樹高 から枝垂れ、風に揺れるしだれ桜の楚々とした姿は、ひとしおの風情と美しさを持ち、山門の白壁の塀越しに見事な花の滝をかたちづくっています。

桜の花をつけた長い滝は、目の前まで垂れ下がり、塀沿いに歩くと桜のカーテンに包まれたような感覚で、近景でも桜を楽しむことができます。

また近辺の河原に並ぶソメイヨシノも、しだれ桜の後を追うように咲き誇ります。桜の下でお弁当を広げるご家族連れや、河原で元気に遊ぶ子どもたちの姿など、この時期には多くの観光客で賑わい、一層華やかさを増しています。

5分も歩くと宇佐八幡神社の巨木である大楠(おおくす)があり、神山町の歴史を感じられる場所となっています。
のんびりと神山の里を散策する一日もいかがでしょうか。

掲載日 2019.12.28

  • 神山温泉からの距離

    約7.2km(車で13分)

  • 営業時間

    10:00~16:00

  • シーズン

    春(3月末~4月初旬)

  • トイレ

    なし(桜まつり期間中は仮設トイレあり)

  • パーキング

    なし(桜まつり期間中のみ仮設駐車場あり)

ご宿泊予定から探す

tel: 088-676-1117 宿泊プランはこちら 予約ページはこちら